美容整形でしたことを知られたくない場合

美容整形は外見を変えるために行うものですが、美容整形した事実をまわりに知られたくないという人も少なくありません。職場で噂になったり、家族から何か言われたりするのが嫌だということもあります。特に、メスを入れる美容整形手術は変化が大きいだけに、まわりにバレる可能性が高くなります。どうしてもバレたくない場合には、次の3点に気をつけておくと良いです。

まず1つ目は、一度の施術で大きく変化させてしまわないことです。例えば豊胸手術でヒアルロン酸注射の注入量が多いと、すぐにバレます。女性のバストは生理周期によって変化しているので、バレたくないならばその周期に合わせて少しずつ注入してもらうという方法もあります。二重まぶたなどの目元の治療も、大胆に変化させてしまうとバレます。

整形したことがバレにくいのは、奥二重です。2つ目は、自然な仕上がりを希望することです。目元の治療ならば、二重にした後に目頭や目尻を切って目のバランスを整えていく方法もあります。仕上がりが不自然にならないように医師にカウンセリングの時に希望しておくと安全です。

3つ目は、医師任せにしないことです。クリニックによっては、自分の腕に自信を持ちすぎて自己流で施術してしまう医師もいます。カウンセリングで医師の言うままに任せて整形したら、全く変わってしまっていたというケースもあります。また、医師の言うことに従うだけだと自分のイメージが伝わらないので注意が必要です。

以上の3点に気をつければ、整形の事実がバレにくいです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です