蛇口の水漏れはどうやって修理したらいいの?

蛇口をしめているのに水がポタポタと出てきたり、急に水が噴き出して止まらなくなったなどのトラブルがあったら、あなたはどうしますか。そのまま放置すれば、たとえ少量の水漏れでも水道料金にひびいてきます。トラブルの発生は時間を選ばないので、外出前や夜間に突然水漏れが発生して困ったという経験のある方もいるかもしれません。そうした場合どのように対処したら良いのかを見ていきましょう。

蛇口はプロが工事によって取り付けているので、設置の仕方で問題が発生するということはほとんどありません。蛇口のトラブルの原因の多くは、中のパッキンや部品の消耗によるものです。こうした部品の寿命は、およそ10年ほどなのでそれを過ぎたものは、経年劣化で問題が起きる可能性が高くなります。取り付けてから10年以上経過している場合は、ある日突然水漏れが起きる危険があるので注意してください。

できるなら、問題が発生する前に新しい部品と交換することをおすすめします。ただし、自分で修理するといっても、漏れている場所や蛇口のタイプによって使用する部品が異なってきます。あまりにも使用年数が古い場合は、蛇口ごと新しいものと交換した方が良い場合もあり、状況によって最適な修理方法を選ぶことが大切です。自分だけで修理するのが無理そうな場合や、急いで修理したい場合は、水道修理のプロの業者に依頼した方が良いでしょう。

生活になくてはならない水道なので、正しい知識でトラブルに対処してください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *