水漏れトラブル発生時の修理について

家庭での水漏れの事例としては、給水管の漏水や排水管の漏れなどがあります。給水系統のトラブルでは、台所の水栓からの漏水やトイレのタンクからの漏れが多いです。排水系統では、屋根からの雨水配管の溢れや洗濯機の排水管からの漏れや便器からの漏水が例としてあります。台所の水栓やトイレのタンクの場合は、機器と給水管との接続部分が原因であるケースが数多くあります。

場所が特定できれば、工具を用いて増し締めすれば自分で修理ができます。屋根からの雨水管の漏れは、落ち葉などが管に詰まったことがその原因であれば、管内の清掃でトラブル解決となります。この場合も自分で対応が可能ですが、高所の清掃が必要ならば専門業者に依頼した方が賢明です。洗濯機の排水管からの漏水は、機器本体から出ている排水ホースが外れていることが原因の場合が多いので、ホース周りの再接続で解消されます。

トイレの便器からの水漏れは、匂いによって漏れが給水からなのか排水からなのかが判明できます。給水系統ならば、ロータンクや洗浄便座への給水管の増し締めで済むので個人での修理ができますが、排水系統となった時は専門業者に依頼する必要があります。便器と排水管とに隙間ができて漏水する例が多いので、便器の取り外しをせずに対応ができないからです。水漏れのトラブルは状態の把握と原因究明によって、自分でできる範囲であるかまたは専門業者でなくては修理できないものなのかを見極めることが大事です。

自分でできるかもしれないのでやってみたら、かえって修理代が高くついたでは困るでしょうから。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *