水道の蛇口をしっかり締めても水漏れするときの修理法

一般的な形をした水道の蛇口をしっかり締めたはずなのに水が漏れて滴り落ち始めるだけではなく、それがだんだんと頻繁になることがあるのではないでしょうか。新しい水道栓の使い始めなど正常な状態であれば蛇口から水が水が漏れることはありませんが、使用頻度が極端に高かったり使っているうちに部品に劣化が始まるといくら気をつけて蛇口を締めても水漏れは起こるのです。さて水道栓をきつく締めても水が滴り落ちる状態が頻繁になったり、細い糸のように水が流れて止まらなくなったら修理が必要になります。修理といっても通常であれば水道栓の中のパッキンというゴム状の安価なコマを取り替えるだけですから、工具と新しいパッキンさえあれば簡単に素人でも簡単に直せます。

修理の方法は水道の元栓を閉めてから蛇口の上のハンドルの部分を外し、中にある黒いゴムのコマを引き出します。新しいパッキンを古いパッキンがはいっていた位置に落とし込み、ハンドルの部分を元通りにはめて水道の元栓を開きます。これだけの作業なのでコツさえつかめれば、水道の修理業者に依頼しなくても誰でも水漏れを修理できるのです。ただしそれでも蛇口からの水漏れが直らなかったり、直す場所が一般的な形のものではない場合などは専門の業者に依頼したほうが良いでしょう。

出張費などそれなりの費用は掛かりますが、専門的な知識が必要なタイプのものもあるので業者に依頼したほうが安全なこともあるのです。水のトラブルのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *