水道工事にはプロに依頼しないと出来ないものが多い

台所や便所、浴室などの水回りのトラブルが発生したときに必要となることが多い水道工事には、プロに依頼せずにできるものと、必ずプロに依頼しないとできないものがあり、後者の方が該当する水道工事の種類が多いです。プロに水道工事を依頼しなければならないかどうかは、施工の内容に給水装置が含まれているかどうかで決まるといえます。給水装置とは、道路の下などを走る配水管から水を取り出すために設置した給水管、およびこの配管と直結する形で設置されている用具のことを指します。具体的な用具を挙げると、メーターや止水栓がこの装置に該当します。

もし、給水装置の修繕が必要になった場合は、国家資格者がいる水道工事会社で、なおかつ自治体からの指定を受けた会社に依頼しないと施工してもらうことができません。これ以外の会社が施工を行うと、実施した会社やそこで働く人が処罰の対象となる可能性があるだけでなく、依頼した人も処分の対象になってしまう場合があります。一方で、蛇口のパッキン交換やトイレタンク内の水漏れ、シャワーヘッドの交換など、給水装置にかからない部分については、自治体指定の会社以外に頼んでも問題ありません。いわゆる何でも屋さんとよばれる、さまざまなトラブルに対応してくれる店に依頼をしても、必要な用具を持って直しにきてくれます。

きちんとした店なら、施工にあたって見積もりを出してくれるので、書面で費用などを確認した上で依頼しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *