トイレでのつまり・水漏れは厄介です

最近のトイレには便利な機能が色々と備わっています。定番なのはウォシュレットですが、自動で水が流れたり蓋・便座の開け閉めが可能なものも出てきています。昔に比べると随分便利に使えるようになりましたが、その分トラブルが起きやすいので気をつけてください。もちろんウォシュレットなどにトラブルが発生したら、業者さんに修理してもらうことになります。

ただウォシュレットの機能が一時的に使えなくなっても、そこまで困らないはずです。もっと厄介なのは、水漏れ・つまりでしょう。これらのトラブルは昔からありますし、古くなったトイレでは頻繁に起こるようになります。つまりの問題は予防することができるので、普段から丁寧にトイレを使うようにしてください。

ペーパーをたくさん流すことでつまりが発生します。そんなに多くのペーパーを流さなければ、つまりを起こすことはありません。不要なものを流すとつまりますから、それをやめれば快適にお手洗いを使い続けられます。トイレには蛇口がついておらず、水漏れは発生しないイメージが強いかもしれません。

確かにそうなのですが、排水管から水は漏れることは意外と多いです。しかも目立たないところにありますので、水が漏れていても気づくことが難しいです。床が水浸しになるほど症状が悪化してから気づくこともあるので、日頃からチェックしておいてもらいたいです。少しでも水漏れの気配があったら、修理を依頼しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *