浴室のリフォームはリラックスをテーマにしている

ちょっとした工夫でお風呂タイムが楽しくなる浴室のリフォーム方法があります。お風呂は身体を洗うためと考えがちですが、最近では疲れた身体を休めたり、ストレスを解消したり、考えを纏めたり、肌や髪のお手入れをしたりする場所となっています。さまざまなニーズに合わせて最近のシステムバスはリラックスをテーマにしたタイプが増えています。浴室の面積を大きくなる傾向があります。

浴槽の中で足を延ばせ、ゆったりとした姿勢で浸かりリラックスができるタイプが主流となっています。リフォームをする時には洗面台を含めた広い範囲でプランの工夫が必要です。浴室の面積を広げられない場合には、脱衣室との間仕切りをガラスにしたり外壁側に大きな窓を取りつけたりすると解放感を感じる事ができるスペースにする事ができます。透明なガラスをスイッチひとつで不透明にするタイプもあります。

二階に浴室を移動させたり、庭に面して解放感を作ったりとリゾートホテルのバスルームのようなプランも人気もあります。リフォームをしたと時の失敗例が窓を大きくしたら開放的になりすぎて落ち着きがなくなったという場合もあります。庭に向けてお風呂を作ったら裏の家のリビングから丸見えで気まずくなってしまったという事もあります。解放感あるリフォームでせっかく大きな窓にしてもブラインドを閉めっぱなしになってしまったり、外に目隠しのフェンスを取り付ける必要がでてしまうという事もあります。

浴室の窓を大きくする場合には外からの視線も確認をしておく必要があります。照明器具も窓の反対側の壁に取り付けてしまうと光源と身体そして窓の順になってしまい窓に影絵のようなシルエットが写ってしまうため、照明は窓がある壁面に取り付けるなどの照明器具位置には気をつける必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *