風呂リフォームのタイミングを逃すと家が傷む?

バスルームが古くてつかいにくくなってきたし汚れも目立つようになったのでいつかはリフォームしたい、そんな風に思っている人は少なくないのですが、いざ具体的に準備を進めようとすると、安くはない費用もかかることだしまだ使えるからと先延ばしにしてしまうというケースは実はとても多いといわれています。たしかに毎日使うお風呂は故障や汚れなどが起こりやすい場所で、最新の設備機器の整ったおしゃれで使い易い浴室にしたいというのは多くの人が思い描くことかもしれませんが、まだ使えるうちにリフォームするなんてなんだかとても贅沢なことのようなイメージを持つのは実はちょっと間違っています。壊れもいないのに取り替えるなんて・・・と考えてしまうのはわからなくはないのですが、浴室の場合、特に在来工法で作られた浴室の場合長年使用しているうちにタイルから染み込んだ水分が浴室の土台部分を腐らせ、シロアリの被害などに繋がっている事が考えられます。リフォームのタイミングに関する考え方はいろいろあります。

設備機器が壊れたタイミングで改修をおこなうこともたしかに良いのですが、お風呂のような設備機器は15年を経過したらちょっと点検してみることもおすすめです。見た目にはまだなんともなくても、お風呂の床下部分が腐りはじめているようなら、一刻も早くリフォームに取り掛からないと、先延ばしにすることで家の躯体部分の傷みが進んでしまうと、結果的には早めにリフォームするよりも高額の費用がかかってしまうことも考えられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *