キッチンの蛇口から水漏れするなら直ぐに修理を

キッチンは日々の暮らしに欠かせない重要な設備です。そのため利用頻度も高く、何かと水のトラブルが発生しやすいことで知られます。特に水栓の蛇口などはその典型。例えば吐水口や台座部分から水漏れするといった症状は、数多く報告されています。

もしキッチンの蛇口などにこのようなトラブルを認めたら、できるだけ速やかに対応しなければなりません。そのままにしておくと、周囲のシンクや水道設備にまで、ダメージを拡大することにもなります。その原因のほとんどが、水栓内のパーツ類の経年劣化です。設置から10年もすると様々な部分で劣化が進み、何らかの不具合が生じます。

もしシングルレバー混合水栓の蛇口またはレバーハンドルあたりから水漏れするなら、カートリッジの劣化が考えられます。また台座部分から水漏れしている場合には、パッキンの劣化を推定すべきでしょう。このように水栓や蛇口を修理するにあたっては、素人の方でも不可能ではありません。しかし水栓の分解から清掃、そして部品の交換や組立さらに道産の確認など、その工程は決して単純とは言えません。

また耐用年数が過ぎている上、サビやグラつきが酷かったり、古いモデルの水栓で部品の入手が困難といった場合には、部品の修理ではなく、水栓を丸ごと交換する必要があります。もし修理に自信がない、あるいは水栓そのものを丸ごと交換する必要性を感じたら、地域で実績のある水道修理会社へ相談すべきでしょう。素人の方が無理をすると、周囲のシンクや水道設備さらに建材までも損傷し、さらに大きな水のトラブルを招くことにもなりかねません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *