蛇口の水漏れを発見したら直ぐに修理を

家の水回りには様々な蛇口が設置されており、これまで何らかの水トラブルを経験した方もいるはずです。特にお風呂場やキッチンといった利用頻度の高い水回りでは、蛇口の劣化も進みやすく、水のトラブルも発生しやすいと言えます。その中でも特に目立つのが水漏れです。日頃からハンドルやレバーの開け閉めを繰り返し、耐用年数が10年も過ぎれば、水栓内の部品の経年劣化や接続部の緩みが進行します。

例えばシングルレバー混合水栓の蛇口あるいはレバー付近から水漏れが続くなら、カートリッジの劣化を疑うべきでしょう。また水栓の台座や壁との接続部から水が漏れ出す場合には、パッキンの劣化が推測できます。そのままにしておくと、余計な水道代を支払うことになったり、周囲の水道設備や建材にもダメージを与え続け、結果的に大きな工事をすることにもなります。また最初のうちは大した症状に見えなくても、やがて深刻なリスクを招くこともあります。

特に団地のような集合住宅では床下へ水漏れして、階下の住民の家財道具にまで被害を及ぼすことさえ考えられます。このような事態になる前に、即急に対処しなければなりません。修理をするにあたっては、水漏れしている部位や症状をよく確認します。また作業中に水が噴き出さないように、止水栓を閉めることも、忘れてはなりません。

複雑な水栓を分解するなら、組立時の手順忘れを防ぐために、画像で記録しながら進めるとよいでしょう。ただし水栓のサビやグラつきが酷い、交換部品の取り寄せに時間がかかる、修理に自信がない等、こんなケースなら無理せずに、地域で実績のある水道修理会社へ連絡することをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *