蛇口の水漏れで水道修理会社へ依頼すべきケースとは

キッチンやお風呂場といった水回りに設置されている蛇口は、使用頻度が高いほど劣化が進みやすく、何かとトラブルが起きやすいと言えます。通常は10年の耐用年数であっても、それより短い時期にトラブルが起きることもあります。特に典型的なトラブルといえば、やはり水漏れです。水栓の蛇口だけでなく台座や壁との接続部からも、水が漏れ出すことが珍しくありません。

このような症状が起きるのは、部品の経年劣化に主な原因があります。例えばシングルレバー混合水栓で、吐水口やハンドルレバー付近から水漏れするならば、カートリッジの劣化が推定できます。また水栓の台座や壁との接続部から水が漏れ出すなら、パッキンの劣化を考えるべきでしょう。このようなトラブルで蛇口や水栓本体を修理するならば、部品の交換作業が必要になります。

修理では現状を把握し、作業中でも水があふれ出さないように止水栓を閉め、水栓を分解していく必要があります。さらに分解後は清掃した上で、速やかに部品を交換し、的確に組立直すことが求められます。このように単に部品の交換といっても様々な工程を必要とするため、少しでも自信のない方であれば、地域で信頼できる水道修理会社へ依頼する方が無難です。また古いタイプの水栓で交換部品の入手が難しかったり、サビやグラつきが酷いケース等でも、実績のある水道修理会社へ連絡すべきでしょう。

メーカーからスムーズに部品を入手することが可能な上、水栓を丸ごと交換するような大がかりな工事でも、安心して任せることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *