個人家屋で対応可能な複合式の蛇口の水漏れ修理部品

水道を使用する場合、必ず水栓器具から水を出すことになります。この水栓器具は世界共通の水回り設備であり、ハンドルバルブを開けることで蛇口から水が流れ出てきます。個人家屋のキッチンや浴室・洗面所では水だけでなく湯を出すことも可能で、この場合は2つのハンドルバルブが備わった複合式というものです。この複合式の場合、レバーを左右に動かすことで1本の蛇口から水・湯を出せる便利さがあります。

ある日突然、ハンドルレバーをしっかりと閉めているのに蛇口からずっと水漏れが起きているという現象を経験されたことはありませんか。この現象は比較的発生しやすい水回り設備トラブルで、俗に水漏れと略して呼ばれています。このまま放置しておくと水道代金が高くなってしまうので、早急に修理をするのが望ましいです。個人家屋に備わっている複合式の蛇口で修理をする場合は、「止水パッキン」というものを使用します。

水漏れ修理の場合、パッキンを新しいものに取り換えるだけでトラブルを解消できます。複合式の場合は二又に分かれている止水パッキンを使用しますが、ホームセンターやECサイトで1個300円程度で入手できます。購入時は複合式と16水栓と記載されているものを購入するようにしましょう。16水栓とは家庭用水道のことを意味しているので、この記載があればどのメーカー製であってもすべて互換対応できます。

発生しやすいトラブルなので、日頃から止水パッキンは自宅にストックしておくといいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *