蛇口の水漏れを修理するには

家の水回りに設置されている蛇口の中には、普段から水漏れしているケースもあるはずです。例えばハンドルレバーを閉めても吐水口からポタポタと水が落ちる続ける、蛇口を開くたびに台座や壁の接合部分からもチョロチョロと水が出るなどは、典型的なケースと言えます。このような水トラブルを放置してはいけません。初期の頃は大した症状に思えなくても、やがて水道設備や建材にまでダメージを広げるなど、深刻なリスクにつながることもあり得ます。

したがって日頃から少しでも水回りの蛇口で異変を感じたら、直ちに修理することが大切です。そもそも蛇口や水栓周辺で水漏れが発生するのは、パーツ類の経年劣化やゆるみを原因とするものがほとんど。設置から10年もすると、このようなトラブルが目立つようになります。例えばシングルレバー混合水栓の吐水口やレバーハンドル付近から水漏れするなら、カートリッジの劣化。

あるいは水栓の台座や壁との接続部なら、パッキンの劣化が推測されます。自分で修理するなら、まず原因箇所や症状をよく確認し、作業中に水があふれ出さないように止水栓もしっかり閉めます。その上で水栓を分解し、内部を清掃してから部品を交換します。さらに再び水栓を元の状態に組み立てたら、実際に正常に水が出るのか、確認作業を行います。

ここまでの工程が難しいと感じたら無理せずに、地域で信頼できる水道修理会社へ依頼しましょう。入手が困難な部品の交換や、水栓を丸ごと交換するようなケースでも、スムーズかつ着実に工事をしてくれるはずです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *