蛇口の水漏れの修理を自分で行う方法

台所や洗面所などの水道の蛇口からポタポタと水漏れがしていることがありますが、自分でも簡単に修理ができます。ボルトが緩んでいる場合は、モンキーレンチでボルトをしっかり締めるといいでしょう。ただしモンキーレンチを使用する場合は、がたつきが起こると、ボルトの頭の部分にダメージを与えてしまうので注意が必要です。水道の蛇口の水漏れを自分で修理する場合に、ネジを外す作業をすることがありますが、その際に精密ドライバーを使うと、作業が楽になります。

ただし精密ドライバーは、ハンドルの形状やネジの大きさによって、使用する種類に違いがあるので、よく確認することが大事です。水道の蛇口の内部にある小さな部品を取り出すこともありますが、その際に使用すると便利なのがピンセットです。価格も安いので、修理をする時には必ず用意しておくといいでしょう。水道の蛇口自体を外すこともありますが、その際に使うのが水栓レンチです。

水栓レンチがあると作業が楽になるので用意しておいてください。水を出している時に蛇口周囲から水漏れがする場合は、パッキンを交換する必要があります。パッキンが老朽化している可能性がありますが、パッキンは自分でも簡単に交換することが可能です。パッキンを交換する時は、水道の元栓をしっかりとしめてください。

元栓を閉めておかないと、作業の途中で水が飛び散ってしまいます。パッキンを交換する時に気をつけることは、種類がいろいろあるので、メーカーの品番を確認して選ぶことが大事です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *