排水管つまりの原因となるものは

排水管がつまってしまうというのはよくあることですが、基本的には水流で押し流す事ができないような異物が入り込んだ場合に排水管つまりは発生します。

原因としてはトイレの場合には汚物の量が多すぎることや誤って水溶性でないものが入り込んだことが考えられます。前者の場合には大便の量であったり使用したトイレットペーパーの量であるなどさまざまな原因が考えられますが、いずれも水溶性ですから比較的容易に排水管つまりを解消することが可能です。しかし、水溶性ではないようなものは難しく特に排水管そのものをつまらせてしまうようなケースには特殊な工具必要になってきます。

トイレ以外で考えられるのは洗面台やバス、キッチンといった場合ですが、これらの場合にはゴミ受けが用意されているので排水管つまりが起こりにくい構造となっています。しかし、何らかの理由でゴミが流れ込むことがあり、洗面台やバスの場合には髪の毛などが考えられるものです。また油分を含んだ洗剤や石鹸は排水管内で固形化することがあり、それが排水管つまりの原因となります。

いずれも水溶性であれば時間が経過すれば解消されることがありますが、長年にわたって蓄積してくると簡単には解消できないことがあります。軽度のつまりの場合であれば、ラバーカップや薬剤を使って改善することができますが、それらで解消できない場合には排水管にワイヤーを通したり、高圧洗浄機で押し流すといったことが必要になってくるものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *