家庭用トイレの排水管つまりで実施する修理法の概要

水回り設備は限られた個数を多くの人々で共有するうえ、使用頻度も高いことが影響してトラブルが起こりやすいものです。

水栓器具であれば蛇口からの水漏れが挙げられ、この場合は早急にパッキンを交換しないと水道料金が高くなってしまいます。トイレで頻発しやすいトラブルとしては排水管つまりが挙げられ、排水管内にペーパーやペットのトイレ用砂といった異物が詰まることで発生します。排水管は家庭用トイレの場合、直径4cmと規格化されているので比較的異物が詰まりやすくなっているのが特徴です。

排水管つまりが起きた時は慌てずに専門修理会社に連絡をすれば、迅速に対応してくれます。水道専門修理会社は2020年5月時点で全国に約25万件もの数で点在しており、都心部だけでなく地方でも多く存在しています。水回り設備は我々の生活に欠かすことができないものであるからこそ、いつでもトラブルを解決できる会社も多いというのが特徴です。この会社で実施されている排水管つまりの修理方法は、高圧洗浄機を使用する「高水圧除去法」というものです。

直径4cmという細い配管なので何かしらの道具を使用したアプローチがし難いですが、約1、200hpの水圧を使用した洗浄法だとその限りではありません。「高水圧除去法」は専門修理会社が持ち込むコンプレッサーを自宅内の水道に直結して使用されます。排水口にコンプレッサーのノズルを挿入して排水管内に詰まった異物を下水道へと流してつまりを解消でき、短時間で作業が完了します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *