排水管つまりへの対処方法

排水管は、台所・浴室・洗面所・洗濯ユニットなど水回りには必ずあり、普通に使用していてもトラブルが起こることがあります。

手に負えないときは業者に依頼するのが一番ですが、その前に、特別な道具や薬品がなくてもできる対処方法を試してみてはいかがでしょうか。排水管つまりへの対処方法は、つまった場所と原因によって異なります。一番トラブルが多いのは台所で、原因の多くは油汚れや食べ物のカス、洗剤カスです。これらはお湯に溶けることが多いので、まずお湯を流してみます。一度にある程度の量を流すため、まずは排水溝にぴったりタオルなどで蓋をし、シンクに50~60度のお湯をためます。

それからタオルを抜くと排水管に一気にお湯が流れ、つまりがとれることがあります。ラバーカップがある場合には、それを使用してみてもよいでしょう。使用時に大量のお湯を流す浴室も、排水管つまりを起こすことが多い所です。浴室の場合、石鹸カスや皮脂に加え、髪の毛が大きな原因になります。トラップがついていれば直接流れることはありませんが、そうでなければ髪の毛が固まり、つまりを起こします。この場合、直接髪の毛を取り除くことが対処法です。

ワイヤーブラシがあればそれを使いますが、なければ針金ハンガーを切って持ち手以外の部分をまっすぐにし、排水管に差し入れて引っ掛けるようにして髪の毛をすくってみます。洗面所のつまりも、多くは髪の毛なので、ヘアキャッチャーに絡んだ髪の毛を除去すると解消することがあります。洗濯ユニットの排水管つまりは、髪の毛や洗剤カスに加え、繊維くずやカビが原因になっていることがあります。放置するとヘドロのようになって、悪臭を放つようにもなります。排水溝を見て目に見える髪の毛や繊維くずを除去し、排水管用の洗剤を流し込むと解消することが多いですが、それとともに洗濯機のフィルターを清掃し、常にきれいに保っておくことも重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *