iphoneでは、便利なプッシュ通知機能を利用できます。

プッシュ通知は、利用しているアプリからユーザーへもたらされる新情報で、iphone画面の上部に表示されます。プッシュ通知が不要なアプリがある場合は、それを受け取らないように自分で簡単に設定可能です。

まず「設定」を出し、次に「通知センター」をタップします。下の方の「表示」にアプリの一覧が出たら、目的のアプリをタップし、「通知スタイル」を「なし」にします。その後は念のため「非表示」の一覧を確認しましょう。目的のアプリがその中にあったら、オフになったということになります。

表示の仕方も自分で設定できます。「バナー」を選ぶとさほど邪魔な感じがしない表示になりますし、「ダイアルログ」にすると、いち早く内容がわかって便利です。オンにしているアプリが多いほど、iphoneのバッテリーの消費は速くなります。

バッテリーの消耗を抑えるためにも、不必要なアプリの場合はオフにしておきましょう。しかし、たいへん便利な機能でもありますから、特に災害時の緊急情報はしっかりと表示されるように設定しておきたいところです。自治体の防災無線は言葉が聞き取れないことがあるため、iphoneで確認できれば大助かりです。

いざという時には情報が頼りとなります。災害時ですから、停電する可能性があり、テレビが見られないこともあるでしょう。そうしたときは、iphoneのこの機能が大いに役立ちます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *