アプリの利用をユーザーに思い出させるために発信するものとしては、プッシュ通知が存在します。

端末にアプリがダウンロードされている場合には、それが発信者の設定したタイミングで起動して、端末画面上に情報を与えてくれます。ユーザーもスマートフォンを見ていたり、後からでも発信通知を確認して閲覧することができるため、アプリの存在を思い出すことが可能です。なかでもセグメントプッシュは、ユーザーの属性に応じて絞り込みを図ることができ、標準機能して幾つかの種類が存在します。

セグメントプッシュの標準的な属性には、アクティブ度別(期間別)・OS別・機種別・キャリア別・アプリバージョン別などいった形で絞り込みをすることが可能です。この絞り込みは、ターゲットにしたユーザーの属性に対して発信することで、ターゲット層とは無関係なユーザーには発信しないことで効率的に行えるメリットが存在します。セグメントプッシュの活用事例としては、例えば飲食店などでGPS機能を活用し、その近くの範囲にユーザーが存在すれば、そのユーザーに対してプッシュ通知を行う戦略をとることもできます。

他にしっかりとセグメントプッシュを行うことで、属性に適した情報を展開できるため、ユーザーの興味や関心とマッチして惹きつけることもでき、それによりアプリの利用率・継続率に繋げることも可能です。企業や店舗などがお客さんのリピート率を上げたいケースで活用できることで、今までになかった商機を掴むこともできます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *