アプリを利用した通知は、潜在的な顧客発掘に役に立ちます。

それまで接点がなかった顧客を獲得することで新たな売り上げにつなげることができます。ただし、誰にでも通知していれば良いと言うものではありません。そこで需要なのがセグメントプッシュと呼ばれる手法です。セグメントプッシュはある特定のグループに対してプッシュ通知を行うものです。情報は求めている人に対して提供されることで意味を持ちます。興味のない人に対して送られるものは、無視されることはもちろんのこと印象を悪くする恐れもあります。

そこで興味のありそうな傾向を分析してグルーピングします。年齢、性別、地域、環境、実績などさまざまな要素が考えられます。できる限り細かな分割が有効ですが、あまり少ない数のグループを作っても意味がないので、最低構成数は決めておいた方がいいでしょう。セグメントプッシュは、決まった分類方法はありません。そのため始めから効果が得られると言うことはありません。最初のうちは、ある程度の予測を立てて幅広い範囲で行います。

その結果を分析してさらに細かなグルーピングを行います。グループごとに重み付けをすることも重要です。また、天気や季節、対象となる製品やサービスなど状況に応じて変化する要素も考慮に入れる必要があります。繰り返し行うことでグルーピングの精度が上がり、新たな分野を開拓するときでも確度の高い予測が可能となり、早い段階で効果を実感できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *