プッシュ通知を行うアプリの定着率を上げるためにはセグメントプッシュが有効です。

無作為で頻繁に通知されるとユーザーは不快感を覚えてしまいます。最悪の場合は、通知の無効化やアプリの削除にまで至る恐れもあります。それは不要な情報を提供されるからです。セグメントプッシュは、必要な情報をピンポイントで届けるためのサービスです。まずは誰が必要としているかと言う点が重要になります、それがセグメントと呼ばれるグループ分けになります。

情報の要不要は人ごとに違うのではなく、あるグループごとに変わってきます。そのニーズのある集合をグループ化し、その対象に対してのみプッシュ通知を行います。セグメントプッシュは当然のことにように思えますが、効果を上げるためにはある程度の実績が必要となります。この作業はマーケティングでは常に行われているもので、新しい取り組みと言うわけではありません。その手法をプッシュ通知に落とし込んだものになります。

アンケートや顧客からの意見、モニター調査などがそれにあたります。すでにマーケティング活動によってある程度のセグメントが完成しているのであれば、それをベースとして構築していくことで時間を短縮することが可能です。また、セグメントプッシュを他のマーケティング活動に生かすこともできます。プッシュ通知によって得た実績からどのような対象にニーズがあるかを分析して、広告やキャンペーンに活用します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *