プッシュ通知による集客率の向上はWebマーケティングで重要な指標の一つです。

通常は1週間ごとや曜日によって全員に配信されることが多いと思います。残念ながらその方法ではそれほど効果がないばかりでなく、意味がないものにコストをかけているかもしれません。そこで必要なのはセグメントプッシュという考え方です。配信する相手を効果の高い相手にだけ絞り込む方法になります。普段行われているマーケティングの方法と同じことをプッシュ通知に応用すると言うことです。絞り込みの条件は商品やサービスによって変わります。

年齢、性別、地域や来店数、購入額などさまざまです。セグメントプッシュを行う上で必要なのはPDCAを活用することです。計画を立てて、実行し、結果を分析し、改善すると言う流れを確立することです。Webで行うことは費用がかからないためなんでも無作為に自動でやりたくなりますが、そこにしっかりした意志を持つことで結果に変化が起こります。セグメントプッシュを行う目的は、集客率の良い通知を行うことです。そのため、どのような条件であれば購買に結びつくかを考えてそれを絞り込みの条件とします。

これが計画となり実行に移ります。実行した結果、どれぐらい集客が増えたのか確認することが結果の分析になります。この時に送った日時や曜日なども分析に含めた方が良いでしょう。そして期待値どおりかどうかを確認し、新たな絞り込みの条件として改善につなげていきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *