アパレルは、洋服の開発や販売を手掛けるファッションブランドの店舗のことですが、近年は公式アプリを導入するお店も増えています。

その導入する目的としては、ネット上でカタログを展開し最新のファッションをチェックできる様なシステムとなり、実店舗に来たお客さんをネットでも訪問して貰ったり、ネットを訪問された方が実店舗に足を運んで貰える様な仕組みを構築できるからです。

またアパレルで公式アプリを導入すると、ネットで注文した洋服などを店舗で受け取ることが出来たりも可能となります。店舗によってはその場で試着してみて、気に入らなければ返品もできるサービスを手掛けることもでき、消費者にとっても安心できるサービスを展開することもできます。

他にもネットで店舗の在庫確認をすることができる、ネットで購入しても実店舗で購入してもお求めしやすい価格を設定しているなどのサービスを手掛けることも可能です。前者の実店舗とネット上の仮想店舗のやりとりを行うことは、実店舗をオフライン、ネット上の仮想店舗をオンラインと言いO2Oとも呼ばれます。

一方では後者の様に消費者のニーズを満たすため、いつでもどこでもあらゆるサービスを展開する選択肢を用意することをオムニチャネルと言い、O2Oとオムニチャネルがアパレル業界の公式アプリを導入する目的になります。もっともファッションは、人の興味を惹きつけるべき存在で、老若男女を問わずおしゃれに気を遣う方も増えているため、アパレルで公式アプリを展開することは効果が抜群です。

大手のアパレルショップでも次々と魅力的なアプリを手掛けたことで人気に火が着いた歴史もあり、現在では販売戦略として欠かすことができない要素にもなっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *