マーケティングオートメーションは、マーケティングを行うことができるツールを用いることで管理することで、自動的に最適化を図る方法です。見込み客をさらに有望化された優良な顧客に変化させるマーケティング手法を用いることで、受注しやすい状態で営業パーソンに引き継がせることができ、欧米でも注目されています。

以前の様に大衆向けに展開されていた広告だと画一的なアプローチになってしまいがちで、多種多様な考え方や様々なニーズを持っている方が増えている時代にあっては適合しません。多種多様な考え方や様々なニーズをマーケティングオートメーションの手法を活用することで、お客さん一人一人に最適なサービスを展開することができる様になります。

こうしたきめ細かなサービスを手掛けることができることが、マーケティングオートメーションの魅力で、しかもそれを自動的に行ってくれるため、お客さんの購買意欲などを高めることが可能です。なおツールを活用して自動化される形になるため、営業要員の負担を軽減することにも繋がり、別部門に人材資源を投入できることになり、会社の活性化にも繋がるメリットもあります。

もっともマーケティングオートメーションの概念では、リードという見込み客獲得から始まり、そのリードの育成を果たし、営業活動から受注に繋げ、アフターフォローと売上の拡大まで貢献させることが可能です。

作業の自動化や効率化にも優れていることから、営業要員もリードによる育成されたお客さんを相手にするため、受注拡大に繋がることも多くなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *