ポスレジステムは販売時点情報管理を行うためのシステムです。

スーパーや小売店の多くがポスレジシステムを採用していますが、従来型のレジとは異なり価格情報の入力、すなわちレジ打ち操作が要らないメリットを持っています。商品に付いているバーコードをスキャナーもしくはバーコードリーダーで読み取るだけで、会計処理が出来るようになっているのが特徴です。

バーコードスキャナーはポスレジステムの本体に内蔵してあるもの、これに加えてバーコードリーダーはスキャナ―と同じくバーコードを読み取るための装置で、スキャナーでは読み取りが出来ない時などにバーコードリーダーを使って読み取りを行うなどの使い分けをしています。商品に付いているバーコードは商品の情報が記録してあるもので、値段がバーコード化されているわけではありません。

スーパーなどの場合は、その都度値段が上下する関係からも価格を掲載してしまうと、値段の変動に応じてその都度変更しなければなりません。バーコードリーダーもしくはスキャナーで情報を読み取った後は、商品情報と価格が連動しているデータベース内で情報検索を行い値段を引き出し、それをレジに転送して会計処理を行うなどのIT化が進められています。ポスレジシステムの中でのバーコードリーダーは商品情報を読み取り、これをデータベースで検索させるための役割を持つもので、システムに内蔵が行われているスキャナーと同様に重要な設備です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *