商売をする時実店舗を使うだけでなくインターネット上のオンライン通販サイトも使います。

オムニチャネルはあらゆる流通チャネルを利用して商売を成功させるためのビジネス戦略です。インターネットが盛んな現在のマーケットでは重要になる戦略の1つといえるでしょう。具体的にどうするのかというと自社サイトやオンラインモール、TVやカタログといった要素を使い顧客と接点を持つ戦略です。オムニチャネルとは別にマルチチャネルと呼ばれるスタイルもありますが、こちらはチャネル数を単純に増やしていくのが特徴となっています。

逆にオムニチャネルはすべてのものを連携させてアピールするので一貫性のある戦略を狙えるのが特徴です。この言葉が世間に知られるようになったのはアメリカの会社が関係しています。2011年にオムニチャネル宣言を行いネット販売事業者に対抗したのが始まりです。顧客のニーズを取りこぼすことなくオムニチャネル促進、そうすることでグループ全体の在庫を圧縮することができ売り場の効率化を行っています。

上記のような戦略を作ったのはスマートフォンも関係していると言えるでしょう。今や誰でも利用できるガジェットで簡単に買い物をする事が可能です。これにより小売業者はどこで売るのかと言う考え方からどうやって誰に売るのかという考えに変化しました。インターネットビジネスが盛んな時代に対応するべくして作られた戦略なので今の時代に重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *