顧客相手に事業を開始する場合、基本的には店舗が必要になります。

販売することもサービスを提供するのもそこが顧客との接点になります。事業が安定してくると店舗を増やすことが事業の拡大につながっていきます。実店舗を持たなくても商売ができる方法として考えられたのが通信販売です。カタログやテレビ番組などで商品を紹介することで顧客との接点を持ちます。また、ネットの普及によってさらに容易に商売をすることができるようになりました。

それぞれの方法にはメリットとデメリットがあります。それらを活かし補うことができるのがオムニチャネルです。顧客との接点の多様化と言えます。実店舗、通信販売、ネットビジネスなどさまざまなチャネルを提供することで顧客がいつでも接することができる環境を維持します。商売にとって最も怖いことは機会を失うことです。せっかくニーズがある時に接点がないと言うことで諦められてしまっては悔やみきれません。そのような失注を減らすことができるのがオムニチャネルのメリットになります。

また、顧客の好みに合わせて接点を選べると言うことも大きなメリットになります。実店舗で獲得した顧客に対してネットでサポートをして、次の機会へつなぎます。密接な関係を築くことでリピーターとファンになってもらうことも期待できます。オムニチャネルを構築することで繰り返し提供するサービスや時間や場所を選ばない営業で対応することが可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *