何かものが欲しくなる時間は人それぞれで、決まったものはありません。

生活のリズムもさまざまで行動も違っていてあたりまえです。今まで企業は大多数の時間に合わせて事業の稼働時間を決めていました。それでは少数派と言われる人たちを取り込むことができません。技術が発展して、生活や嗜好の多様性が見られるようになると大多数というものが存在しなくなります。そのため複数の少数派に対応する必要があります。そのために必要なのがオムニチャネルという考え方です。

オムニチャネルはできる限りのチャネル、すなわち顧客との接点を持つということです。実店舗、電話、郵便、メール、webなど複数の接点を持つことで、さまざまな考え方の人を少しでも取り逃がさないようにします。深夜に購買をする人、物を見てからでないと買えない人、ネットで注文して受け取りは店舗でしたい人、現代の社会では普通と言われるスタイルを固執していると対応できないことが多く、顧客離れが進んでしまいます。オムニチャネルを活用することで、便利さを提供することができます。

同じような商品を購入するのであれば手間をかけない方が良く、面倒な手続きはしたくないのが当然の心理です。わがままが通ることが商売の成功に影響を与えることになります。商品は良いけどできないサービスがあると思われないために顧客への多様性を検討する必要があります。チームとして顧客と向き合うことが成功につながります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *