いろいろなチャネルを連携させるオムニチャネルはデータの共有が戦略の鍵となります。

顧客は、どのチャネルにおいても同じサービスを期待しています。購入履歴から配送先情報、サポートの履歴などどれか一つのチャネルを利用するだけでシームレスな対応を提供する必要があります。そして分析においても横断的なデータ共有がマーケティングの精度を高め、売上の向上に貢献します。新規商品の戦略を構築する時にwebマーケティングの期待値と実店舗での顧客の反応。購買履歴SNSでの評価を組み合わせることで、後のセグメントにターゲットを絞るのか、何を一緒に売り込めば良いのかなどが見えてくるはずです。

オムニチャネルは在庫の管理にもメリットがあります。ネットなどの通信販売のための在庫と実店舗の在庫をデータ共有することで欠品の融通を簡単にすることができます。店舗で気に入った色のサイズがなかった時に通信販売の在庫から発送することで自宅に届けることも可能です。経営戦略においてもオムニチャネルを活用することで、実店舗の予定地を検討することができます。通信販売の購入履歴やSNSのフォロアー数を参考にすれば、潜在的な顧客の予想を立てることが可能です。

実験的な商品は物流のコストを抑えるために実店舗ではなくネットのみでの販売で様子を見ることもできます。その結果からどの店舗なら販売数を確保できるかと言った統計を蓄積することで精度の高い計画を立てられるようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *