カードのポイントを自分で管理できるようにするにはアプリを自分で作るのがいいと考えられます。

その理由として、ダウンロードしたソフトの場合、どのように使えばいいのかがわからないことがあったりするからです。それにもしも誤作動やそのソフト会社の不手際でそのカードポイントのデータが流出するかもしれません。そのためにはアプリを自分で作ることが有効だと考えられます。アプリを作るためにはプログラミング言語が必要になります。

icカードを使っているのであればicカードリーダーとそのアプリを連動させてそこからアプリのポイントのデータを読み込むという仕組みを作らないといけません。そのためにはまずそのような言語を学習する必要があります。そういう言語は簡単なものから難しいもの、無料のものから有料のもの、文字を打ち込んでいくものブロックのようなものを重ね合わせていくものなど多種多様です。自作でアプリを作るのであればそれを作るためのプログラミング言語を学ぶには2か月から1年間は少なくともかかるでしょう。

しかし、自分が使うためのゲームなどと作るためには、簡単な言語があるのでそれならば1ヶ月から3ヶ月でも学習することができます。自分で作ったものは自己責任です。しかし、ダウンロードしたソフトよりも安い又は無料で作ることができます。ダウンロードするのも良いですがやはり自分で作った方が使いやすかったりそれを公開してみんなの役に立てることができるので、得になるでしょう

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *