オムニチャネル戦略のためにはITの活用が効果的です。

ITのIはインフォーメーションであり、オムニチャネル戦略における顧客とのつながり、情報が行き交う経路そのものです。そのためのTつまりテクノロジーがあるのであれば、それを活用しない手はありません。具体的には例えば顧客の情報管理に使うことができます。より頻繁に来店してくれる顧客、より高額の購買をしてくれる顧客を優遇するために、あるいは顧客をそのような方向に誘導しようとしてポイントカードを発行している企業は多いでしょう。ですが、単に紙のポイントカードでは情報管理は不十分というか、簡単ではありません。

ITを活用して顧客の個人情報とともに来店頻度、購買状況などを一元的に管理することができれば、その顧客に対してピンポイント的に訴求することも可能になりますし、あるいは、顧客全体としての来店や購買の傾向を把握することも比較的容易になります。ダイレクトメールを送ったりということも可能になるでしょう。そしてオムニチャネル戦略ではいまやインターネットの活用は欠かせません。

例えばアプリを活用してクーポンを発行したりすることができます。インターネット上で広告とともにクーポンを配布し、実際の店舗への来店時にそのクーポンを提示した人には何らかのサービスを提供するといったことが挙げられます。一方向の広告発信ではなくて、その広告を見たことで来店につながったのかどうかを把握することもできるようになるわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *